08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

Windy 


2009.09.26
Sat
12:20

9月25日の夜、同窓生(中学)に逢うことになってたので博多の町に出かけた。
その大儀という程でもないが、理由付けは先日の恩師の見舞いに出かけた人達と飲む事らしい!

その手配をY.U君がしたようで自分のお気に入りの店に案内してくれた。今回5月の学年同窓会に参加できなかったY.Y(女性)が来ることになった。40年振りに逢う事となった。同窓生のうわさでは、何かお家のことで大変だったらしい。
どこの家も家庭の事情は多かれ少なかれある事ではあるが、K.Tくんはその子の相談にのっていただろうとおもわれるのだが、あまり前の事をとやかく聞く気にもなれない。

また、そのY.Y()さんは、歳を感じさせないくらいまだ大丈夫である、もちろん女性としてという意味で

取り敢えず前の話にもどって、甚平という居酒屋風の処で食事的なものと頂いた。もちろん仕切ったのはY.U君である、話の乗りからしてY.U君のマドンナ的存在がY.Y()さんだったらしい。
それから、Y.U君のお薦めのライブパブ“;Windy”に行った。
今日の手配をしてくれたY.U君は、前々から行きつけだったらしい、キープのジャックダニエルが出てきた。ライブパブ“Windy”はG.Sバンド時代の曲をライブで聞かせ、バンマス松本正樹さんの話で盛り上げるパブである、店内に今年は30年アニバーサリーと書いてあった。

この日来ていた5人の中でいつも同窓生の女性担当K,S()さんは独身で長く博多に仕事に通っているので、いろんな所に食べに行ったり、甲斐よしひろさんと飲み行ったりした事もあるそうで、なかなかつわものであるらしい。器ものかも知れない。 もちろん磁器や陶器のうつわという意味の器である!などと書くと、次に逢った時には叩かれるかもしれない。

ライブパブk“Windy”でライブの最後の方にベンEキングの“Stand By Me”をやってくれた、それぞれの受け取りようだが、歌の内容はタイトル通り「わたしの傍に居てくれ!」だという意味のLOVE SONGである誰かのアドレスに、I..LOVE‥なんて付けた人も居たが、論外である
それはともかく曲を‥


ライブ中にY.Y()さんが皆に指きりをしてきた。何の“指きり”か良くは聞こえなかったのに、私は意味も解らずしていた。

私の勘違いかもしれないが「また逢おうね!」と言っていたのだと思ったので、「うん、こんな集まりを1~3ヶ月に1回して、仲間を少しずつ増やしていけば良いじゃん」と言った。
このような事もできるようになったのも、世話をしてくれたY.U君やK.T君のお陰である、また先々Y.Uくんは転勤で沖縄にいくような話もしていたので、ちょっと残念である。同窓生の間では、中庸の要的存在なので、しばらくは福岡に留まってほしいと思っているのだが‥
話は戻り、“Windy”でステージ最後の曲はCCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)の「HAVE YOU EVER SEEN THE RAIN」邦題“雨をみたかい”でした。それでは‥

私的にはアルバム“COSMO'S FACTORY”に入っていた“I Heard It Through The Grapevine”邦題「悲しいうわさ」も好きである

また次の曲もアルバム“COSMO'S FACTORY”に入っていた軽快なロック“トラベリングバンド”をお薦めしたい
スポンサーサイト

category: 未分類

thread: 今日のつぶやき。

janre: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。