10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

THIS IS IT 


2009.11.15
Sun
01:55

ひさしぶりに映画鑑賞というか、映画を見に行ってきました。もちろん“I LOVE MJ”マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」です。
T・Iさんが「明日の夜にマイケル・ジャクソンの“THIS IS IT”見に行くじぇ!」と前日に連絡して来ていくようになったのですが、余り期待していなかったせいか、逆に「すごい!人」という印象で、カリスマ性をもった人だったと思いましたね
なつかしい「今夜はビート・イット」や「スリラー」、「ブラック オアホワイト」「ビリージーン」など’80年代だったかな~ひょっとしてその頃のMTVのビデオテープに残っているかも?
それよりYOU TUBEの方が早いですね!

だいぶ前になります’85年でしたか?この方はライオネル・リッチーさんと組んで「We AreThe World」というアフリカの子ども達の救済チャリティーの楽曲をつくり、著名な歌手が多数このアルバムに参加して、話題になりました。
その当時の一流の歌手が参加したアルバムです。
ライオネル・リッチー、スティーヴィー・ワンダー、ポール・サイモン 、ダイアナ・ロス、ミスターアメリカンボイス“ブルース・スプリングスティーン”、ケニー・ロジャース、ジェームス・イングラム、ティナ・ターナー、ビリー・ジョエ、カントリーシンガーの巨星“ウィリー・ネルソン、ディオンヌ・ワーウィック‥の方々です。
おっと、ロック(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?ロールの神様“レイ・チャールズ”さんを忘れてはいけない
映画の話にもどりますが、彼は自分の世界を表現し、世界(地球)を救いたかったのかもしれない
続きはまた~‥「We Are The World」を

タクトを握っているのは、私の好きなクインシー・ジョーンズさんです。
スポンサーサイト

category: 未分類

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。