03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

熊本被災 


2016.04.17
Sun
23:41

この4月14日のPM21:26分に熊本で地震があり、翌日その報道がされたが、
その時点では、震度7を記録した益城町が大きな被害を被ったとの報道で、
被害の全容はわからない状態でした。
家に帰ってTVで報道番組を見ると、地震被害は地震の大きさに対して
被害は少ないような内容であったが、翌日の夜中(正確には16日のAM1:25分頃)に
再び本震とおもわれる6強の地震が発生、これで被害が広がった。
阿蘇村で崖崩れで道路は不通になり、阿蘇橋の崩落、建物の崩落、阿蘇神社の楼門も、
あの熊本城の一部とその石垣も崩れた。
TV報道で瓦も落ち薄茶色になった城は、黒城のおもかげはない。
下の写真は、私が撮った在りし日の熊本城です。
ku-castle-l-5.jpg
ku-castle-l-4.jpg
ku-castle-l-3.jpg
ku-castle-l-2.jpg
ku-castle-l-1.jpg

下の写真は崩落以前の阿蘇神社の楼門で、日本三大楼門の一つだそうで、仏教的要素をとりいれた
二重門(二層楼山門式)と言い、他に類をみないめずらしい様式だそうです。
aso-jinjya-roumon
しかし、今ここ熊本に被災した人々を救う為に2万人程の自衛隊員、1400人弱の消防隊員、多くの警察官、他の民間ボランティアが全国から、駆けつけている。
また、今尚7万5千世帯の停電している状態で、回復の為、九州各地の九電スタッフと多くの九電工の皆さんが、16日夜には
現地を目指し出発されたと今朝(九電工のk営業所)朝礼で聞きました。
また、U主任のお話では、「K営業所全班が向かう事になるかもしれない」との事でした。また、「先行した班員さんから、現地での水、食料の確保は難しいとのことで、福岡で調達をして持たせてあげる予定です。」との事でした。
I班長からも昨日(17日)連絡があり、「いつ帰れるか?、判らない。」とあり、私的には無事に作業される事と、飲み物、
食べ物と寝床を確保できる事を、祈ります。私にできる事は、買い物した時に僅か金銭を募金箱に入れる
事くらいです。

すべては、被災された皆さんのために‥
スポンサーサイト

category: 未分類

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。